うかる!社労士

  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 講師講評2018

平成30年度試験 講師講評


 みなさん、こんにちは。
 フェニックスアカデミーの富田です。

 平成30年度試験から、10日ほどが過ぎましたね。もう、予想正答との答え合わせなどをされたでしょうか?
 さて、試験の講師講評、予想合格ライン等について、下記に掲載しました。あくまでも予想ですが、どうぞ参考までにご覧ください。なお、8月30日に掲載した予想正答と同一のものを、下記にあらためて掲載しておきますので、こちらもどうぞご確認ください。

【全体について】
 まず、全体の問題レベルとしては、昨年と同様のレベルでした。かなり厳しい問題もありましたが、テキストの内容を押さえているとしっかりと得点できる問題も多くあり、全体としては昨年並みと言えるレベルでした。

【選択式について】
 【労基・安衛】については、A、B、Dで取れれば十分という内容でした。得点分布によっては、救済措置が入る可能性があります。

 【労災】はA~Cの3つは確実に得点したいレベルです。DとEも取れるレベルですが、試験会場で緊張した中だと、案外勘違いをして選択してしまうこともあるだろうと思える内容でした。

 【雇用】は、講師の目から見ると、5つ全部取ってほしいレベルでした。

 【労一】は、A、Bは取れないと思います。Eは常識で取れるかと思います。C、Dが次世代育成支援対策推進法に関することだとわかったかどうかが、この問題のキーになります。救済措置が入る可能性があります。

 【社一】は、それぞれテキストレベルで、かつ、微妙に細かい箇所からの出題でした。テキストの内容を繰り返し見ていたかどうかで得点が大きく違うかもしれません。

 【健保】は、A、B、Cの3つが法2条からの出題で、この3つが選択できたかどうかがキーになる問題です。講師としては、選択式対応をしておいてほしかった条文ですが、あまり重要視されていない条文だったかもしれません。このA~Cまでが得点できなかった人が多い場合は救済措置が入る可能性があります。

 【厚年】は、それぞれテキストレベルで、かつ、細かい箇所からの出題でした。救済措置が入る可能性があります。

 【国年】は、A、D、Eが取れれば十分です。Bは取れないレベルです。Cはテキストに掲載されていても、あまり意識していない内容だと思います。

 【選択式の合格ライン】としては、全体のレベルは昨年と同様ぐらいなので、総合点は同様ぐらい(24点、25点前後)、救済措置が入る可能性があるのは、労一、労基・安衛、健保、厚年、国年と予想します。

【択一式について】
 【労基・安衛】については、安衛法が取りにくい問題ばかりで構成されていたので、労働基準法でどれくらい得点できたかがこの科目のキーになります。

 【労災・徴収】は、しっかりと得点できる問題が多くありました。

 【雇用・徴収】は、取りにくい問題が多く、特に雇用保険法で個数問題が2問含まれていたこともあり、得点が伸びない科目になっています。救済措置が入る可能性があります。

 【労一・社一】は、労一の問題が得点できないものがほとんどで、社一の問題にも白書に関する問題が含まれていたこともあり、全体に得点が難しい科目です。救済措置が入る可能性があります。

 【健保】には、間違いやすい問題が多くありました。得点できた人と、得点できなかった人の差が大きくつく科目になっています。得点分布によっては、救済措置が入る可能性があります。

 【厚年】は、難しい問題も含んでいましたが、全体には、得点できる問題で得点できれば問題なくクリアできる科目だと思います。ただし、長文問題が多く含まれていたので、試験時間との関係で、かなり焦ったということもあるかと思います。

 【国年】は、しっかりと知識で判断できる問題が多くあり、得点することができる科目でした。

 【択一式の合格ライン】としては、全体のレベルは昨年度並みのレベルでしたが、長文問題が多かったこと、個数問題が増えていることをあわせて考慮すると、昨年度の総合点よりも少し低い点数になる可能性があります。救済が入る可能性のある科目は、労一・社一、雇用・徴収、健保と予想します。

【予想正答について】
 下記に、あらためて予想正答を掲載しておきます(8月30日に掲載したものと同一です)。

【平成30年度試験 予想正答】

以上になります。ご参考になれば幸いです。
ご覧いただきましてありがとうございました。

フェニックスアカデミー 富田 朗
フェニックスアカデミー事務局



 【うかる!社労士】シリーズに関するお問い合わせは、下記の【お問い合わせ】よりお願いいたします(クリックすると、お問い合わせのページにジャンプします)。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら!